読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランクルスの墓場~レベル1ダブル編~part2

墓場

続きです。

part1では簡単なルール紹介および超強力ポケモンの紹介をしました。
今回のpartではこのルールで使用できそうなスペックを持ったポケモン、いわゆる人権ポケモンを思いつく限り紹介したいと思います。

チラチーノ 採用価値 ☆☆☆(赤い星は☆半分の意味)
ちなみにpart1で紹介したポケモンはみんな☆☆☆です。
特性 スキルリンク テクニシャン メロメロボディ
実数値 12-7-6-6-6-7

覚える技 スイープビンタ ロックブラスト タネマシンガン うたう てだすけ はたく(進化前)



説明

ヤバい。実質メガガルーラ三体分の強さ。レベル1ダブルはこいつに始まりこいつに終わる。と言っても過言ではないし、実際そう。
具体的に言うとこいつのスイープビンタを等倍で受けると回復ないならみんな死ぬ。ロックブラスト、タネマシンガンも弱点を突かれると回復アイテム貫通して確定1です。ヤバすぎ。さらにさらにこのポケモン、いかくが効きません。簡単に言うと連続攻撃の1発あたりの火力が低すぎて威嚇でこれ以上下がることがない、という扱いらしいです。ズルくね????

と、こんな感じで書いて行きます。ちなみに順番は思いついた順です。ではどうぞ。

ねこだましを覚えるポケモンたち

バルキー 採用価値 ☆☆
特性 こんじょう ふくつのこころ やるき
実数値 12-6-6-6-6-6
覚える技 たいあたり みやぶる ねこだまし てだすけ

説明

ダブルなので当然ねこだましが強い。このルールにおいてはまもるを覚えるポケモンがほとんどいないため、ねこだましで片方をを止めて、相方がつぶすという動きが限りなく強いためこんな区分が生まれています。ねこだましを打った後の仕事がてだすけしかないのが問題か。

エネコロロ 採用価値 ☆☆☆
特性 メロメロボディ ノーマルスキン ミラクルスキン
実数値 12-6-6-6-6-6
覚える技 メロメロ ねこだまし うたう おうふくビンタ (なきごえ しっぽをふる たいあたり) 

説明

ねこだましがタイプ一致。ねこだましのあと放置するとうたってくる。放置できない猫。襷ド―ブルって感じ。またおうふくビンタは5回あてれば実質チラチーノに近い何かになるらしい。特性についてはメロメロにするよりあやしいひかり等を交わした方が強いと言う判断により
ミラクルスキンを要求してくる。一部の人間はおうふくビンタよりたいあたりの方が火力が出ることを知っているのでたいあたりを採用する。

ニャルマー 採用価値 ☆
特性 じゅうなん マイペース するどいめ
実数値 12-6-6-6-6-7
覚える技 ねこだまし

説明

上の二体より素早さの実数値が1高い。最速のねこだまし使い。ただし、ねこだまししかできないという盛大なデメリットを背負っている。ただし弱い、ということはメリットであると考えれば一部のパーティでは採用が可能(ほぼパンプジン爆発)あと、通常特製のどちらを採用するかで議論を呼んだ。(僕はどっちでも変わらないと思ってる。)

素早さ操作可能ポケモン

ポリゴンZ 採用価値☆☆
特性 ダウンロード てきおうりょく アナライズ
実数値 13-6-6-8-6-7
覚える技 でんじほう マジックコート トリックルーム テクスチャー2 たいあたり わるだくみ テクスチャー (まるくなる ポリゴン2)(かくばる ポリゴン)

説明
このルールで唯一トリックルームを使用可能。Sに下降補正かつS個体値20未満でS実数値を5まで下げることが可能。ポリゴンZメガクチート、実質ポリクチやぞ。単体性能としてはてきおうりょくたいあたり、ダウンロードでんじほうなど高火力技が多い。ただし、こいつが出てくるとトリル警戒集中が入って殺されがち。

ツボツボ 採用価値☆
特性 がんじょう くいしんぼう あまのじゃく
実数値 11-5-9-5-9-5
覚える技 ねばねばネット ころがる からにこもる からみつく がまん

説明
このルールで唯一ねばねばネットを使用可能。常識の枠を外れたBDの高さが有名なこのポケモンだがこのルールではAが最低値でも5確保されているためころがるアタッカーとしての運用が可能。具体的にはきのみジュースキュウコンを確定二発。

ようりょくそマン

トロピウス 採用価値☆☆
特性 ようりょくそ サンパワー しゅうかく
実数値 13-6-6-6-7-6
覚える技 リーフストーム はっぱカッター せいちょう かぜおこし にらみつける

説明
晴れ下で、スカーフチラチーノより先に動きいのちのたまリーフストームで93.8%の乱数一発。Cが下がったからと放置するとせいちょうで下降を元に戻しつつのはっぱカッターが飛んでくる。初手でのキュウコントロピという並びが一時期環境のトップとなった。耐久面もHが13、Dが7と申し分なく、おそらく全ルールの中で一番トロピウスが強いという発言を聞く。

ナッシー 採用価値 ☆
特性 ようりょくそ しゅうかく
実数値 13-7-7-7-6-6
覚える技 さいみんじゅつ たねばくだん ねんりき たまなげ ふみつけ (さわぐ タマタマ)

説明
晴れ下で上からさいみんじゅつを押し付けていく。正直それしかない。はっきり言ってトロピウスの方が強い

マラカッチ 採用価値 ☆
特性 ちょすい ようりょくそ よびみず
実数値 12-7-6-7-6-6
覚える技 コットンガード おさきにどうぞ つつく すいとる ニードルガード

説明
晴れ下でお先にどうぞを押し、味方のキュウコンを早く動かしてみんな殺そうというポケモン。しかし、攻撃技が貧弱すぎたため放置安定という弱点。しかも、相方のキュウコンねこだましで止められる始末。コットンガードを積んでもチラチーノには関係がないし、ニードルガードを知っているので飛んでくる技はロックブラスト。ハゲでしょ。

チラチーノメタになりうるポケモン

ハッサム 採用価値☆☆
特性 テクニシャン むしのしらせ ライトメタル
実数値 12-7-7-6-6-6
覚える技 フェイント でんこうせっか バレットパンチ にらみつける(しんくうは ストライク)

説明
先制技の貴公子。技を先制技のみで構成可能。チラチーノに対して真空派で圧倒的優位をとることができる数少ないポケモン。しんくうは二発でスカーフチラチーノが確定で倒せる。フェイントも偉くドンカラスの不意打ち読みあいに対して有利。ただし、キュウコンはどうにもならない。

アギルダー 採用価値☆☆
特性 ねんちゃく うるおいボディ かるわざ
実数値 12-6-6-7-6-8
覚える技 いのちがけ みずしゅりけん パワースワップ きゅうけつ アシッドボム かげぶんしん でんこうせっか 

説明
今回使用可能ポケモンの中で唯一の持ち物が持てるS8。スカーフ込みでS実数値12はようりょくそ組と同速。スカーフチラチーノの上からいのちがけで相打ちをとることが可能。またあやしい話として、おうじゃのしるしみずしゅりけんですべてのポケモンを完封可能。絶対一体殺すマンである。

ナックラ― 採用価値☆
特性 ありじごく かいりきばさみ ちからずく
実数値 12-7-6-6-6-5
覚える技 ばかぢから フェイント じわれ かみつく

説明
このルールで唯一ばかぢからを使用可能。当然チラチーノにあてることができれば確実に殺すことができる。また、特性のありじごくも優秀で例えばキュウコンチラチーノの並びを逃がさずにアギルダーでの特攻が可能となる。S実数値が5しかないため、トリル運用か先生の爪をもたせるのが吉。


と、ここで一度区切らせていただきます。
この記事を読んでレベル1ダブルをやってみたいと思う人が生まれるとは思っていませんが、もしそんな奇特な人がいたら自分でポケモンを調べてみると新しい発見があって楽しいと思います。

ただし、このルールは自分だけが知ってると思ったことはたいていみんな知っているので気づきを仲間と交流すると楽しいですよ。

ではpart3でお会いしましょう。