メンバー紹介2017

pokerikadai神楽坂支部に所属しているメンバーを紹介します。
メンバーは各自、加筆修正すること。

↓テンプレ

名前学年役職
○○○○○○
○○○○○○
こんにちは

続きを読む

S7 WCS最高レート1801(暫定)~ドリドリガモス マイマイはつよい~

皆さんこんにちは。期末期間だというのに期末テストが1つもなく、完全な暇人となってしまったランクルスです。(遊ぼうとしてもほかの友人は当然期末がある。)この前提があるのでかなり暇ということもあり、気が付いたら作ったパーティのレートが1801になってしまった(人生最高レート)ため、暇つぶしもかねて記事を書いていこうと思います。偉い人曰く、どうやら僕のパーティはいわゆるWCSっぽいパーティではないため、需要がどこかにあるのでは?とのこと。ほんまかいな。

f:id:pokerikadai:20180116173235j:plain:w300

構築

オドリドリ(めらめら) おどりこ @いのちのたま おくびょう H4C252S252
めざめるダンス
ぼうふう
おいかぜ
ちょうはつ

構築のキモ。後に出てくるスカーフウルガモスとのコンビで80%くらいの試合の初手を務める。ウルガモスがほのおのまいを押し、オドリドリより速いやつを殺しながら隣のトリラーに向かってちょうはつ、もしくは追い風を押す。ハマるとドリドリガモスの二体だけで相手の構築を半壊させてイージーウィンが取れる。

ウルガモス ほのおのからだ こだわりスカーフ おくびょう H4C252S252
ほのおのまい
ねっぷう
むしのさざめき
ギガドレイン

エース。ドリドリガモスで投げると強い。この後にそれなりのダメ計を載せますが、カプコケコ、スカーフランドロスくらいならほのおのまい二発(以下マイマイ)で粉砕可能。痒いところに手が届くところとしては、雨下すいすい準速70族を抜いています。対雨の裏に忍ばせておくというような使い方もかなり良いですね。キングドラは抜けないので気を付けてほしい。

カプ・テテフ サイコメーカー @こだわりメガネ ひかえめ H252D236S20
サイコキネシス
ムーンフォース
マジカルシャイン
シャドーボール

信用可能ポケモン。HDラインは雨下のルンパッパのハイドロポンプZを耐えるライン。残りをSに回すことで準速ペリッパーの上をとることができます。ここだけの話、おくびょうペリッパーにボコボコにされることが一度や二度ではなかったので、おだやか個体を調達し、H252B28C4D116S108の個体を作って、おくびょうペリッパーの上をとることができるようにした方が強そう。それはともかくD方面はかなり信用可能であり、メガゲンガー相手に堂々と突っ張ることができるのは長所。

ジャラランガ ぼうおん @ジャラランガZ ひかえめ H4C252S252
スケイルノイズ
きあいだま
かえんほうしゃ
まもる

もはや説明する必要が薄いポケモン。どテンプレなので特に言うこともなさそう。ブレイジングソウルビート(以下ブレビ)を積めばやはり強い。

メタグロス クリアボディ @メタグロスナイト ようき H4A252S252
アイアンヘッド
れいとうパンチ
かみなりパンチ
まもる

よくわからないポケモン。実は選出率がかなり低いので技の変更の余地が大いにある。もともとはパーティにカプ・コケコが採用されていたこともあり、フィールドかみなりパンチでカプ・レヒレに乱数1発というとても良いダメージが出る。というわけで採用されていて、そのまま今に至った。今は、カプ・レヒレに対してアイアンヘッドを打ちその後かみなりパンチでウイを踏まずに殺すくらいの使い方となっている。思念でよいのでは?ただし、選出面では相手にテテフグロスの初手をちらつかせることでかなりの役割を担っていると考えている。

カビゴン あついしぼう @ドクZ ゆうかん(最遅) A252B220D36
ダストシュート
10まんばりき
れいとうパンチ
まもる

なんだこのカビゴン!!(驚愕)作成秘話を聞いてください。もともとこの枠はカプ・コケコ(こだわりハチマキ)だったんですよ。それを含めてパーティを見直してみると、S振りばっか。トリルを打たれたら負け!とかいう惨状になっていました。あと、炎二枚ということもあり、カプ・レヒレ、ついでにヒードランが非常に重い。というわけでこいつらをワンパンできそうかつトリックルームに対して強く出せるコマを探した結果、ダストシュートZでカプ・レヒレを粉砕、10まんばりきでヒードランを粉砕。れいとうパンチでメガマンダを確定2発。あとはまもるでトリックルームに強く出ることができるようにした。(カビゴンのまもる採用率が15%とそれなりに低いので警戒されず、集中を誘うことが多い気がする。)ちなみに堂々とジャラランガといっしょに2Z選出する。これは副産物なんですが、カビゴンの持ち物の90%くらいは1/4きのみであるため、はたきおとすがよく飛んでくる。ドクZなのであまり痛くない。謎。また、おんがえしが必要なのではないかと思い、当初はれいとうパンチ→おんがえしだったんですが、いかく込みでメガボーマンダに確定4発で笑いました。よわ。

ダメージ計算

火力調整、耐久調整を考えたポケモンについて記載します。

オドリドリ

ほのおのまい (左がウルガモス、右がオドリドリ
無振りカプ・コケコ  62%~73% 65%~77% 確定1発
めちゃめちゃ突っ張ってくるのでカモ

無振りランドロス 51%~61% 53%~64% 確定1発
チョッキ無振りランドロス 35%~41% 37%~44% 確定2発
スカーフランドロスなら殺せる。チョッキは死なないがオドリドリよりは遅いので追い風が打てる。

無振りカプ・テテフ 43%~52% 46%~54% 乱数1発
正直Hに少し回されるだけで耐えられてしまうのであまりお勧めできない。PGL曰くおくびょう30%らしい。最速個体に注意。

H252ツンデツンデ 42%~50% 44%~52% 乱数1発
殺せないので殺しに行くならめざめるダンスまで集中。

総評
抜群相手なら確定1。

めざめるダンス 
割愛。ほのおのまいより少し火力が出るよくらいの気持ちで押している。

ぼうふう

無振りジャラランガ 131%~155% 確定1発
エアスラッシュだと31%の乱数1発なのでしゃあない。

ウルガモス
ほのおのまい
割愛
むしのさざめき 
無振りサザンドラ 104%~123% 確定1発
環境にいなくないですか

ねっぷう
割愛 ほとんど打たないので

ギガドレイン
無振りメガラグラージ 94%~112% 乱数1発(69%)
ピンポイント。意地っ張りは94%らしいので上をとれる可能性が高い。

おまけ
ほのおのまい(C+1)

アーゴヨン 45%~54% 47.2%~57% 乱数1発
アーゴヨンは追い風を初手に押してくることが多いので結構狙えるライン。

メガリザードンY(晴れ) 46%~55% 48%~57% 乱数1発
つよい。

ジャラランガ
なし

メガメタグロス

アイアンヘッド、れいとうパンチ
割愛。

かみなりパンチ

H252カプ・レヒレ 61%~72% 確定2発
アイヘ→かみなりパンチでごまかせる

H252テッカグヤ 59%~70% 確定2発
食べ残し込みで確定2発

無振りメガリザードンY 97%~115% 乱数1発(81%)
思念では死ねん(激ウマ)(77%~91%)

カプ・テテフ
火力調整は割愛
耐久調整
雨下控えめC252ルンパッパハイドロポンプZ 84%~99% 確定2発
かたい

れいせいC252ギルガルドシャドーボール 69%~82% 確定2発
珠だと44%の乱数1発

おくびょうC252メガゲンガーヘドロばくだん 78%~93% 確定2発
硬い。

カビゴン

ダストシュート(左は通常、右はZ)

H252カプ・レヒレ 68%~80% 107.3%~126.5% 確定2発 確定1発
役割対象。Zをジャラランガに使ってしまっていても何とかなります。

無振りカプ・コケコ 106%~126% 167%~197% 確定1発 確定1発
10まんばりきでは確定2発。

H252カプ・テテフ 96%~113% 151%~179% 乱数1発(75%) 確定1発
いいダメージが出る。

10まんばりき

H252ヒードラン 103%~123%
役割対象。

H252メガクチート 57%~68% いかくあり38%~46% 確定2発 確定3発
きついポケモン

無振りメガバンギラス 43%~51% 乱数2発 
しんどい。

れいとうパンチ

無振り霊獣ランドロス 112%~134% いかくあり76%~90% 確定1発 確定2発
いかく込みでも確定2発をキープできるのがえらい。

無振りメガボーマンダ 80%~96% 54%~66% 確定2発 確定2発
おんがえしはいかくこみ確定4発なのでカス。

耐久調整

おくびょうC252カプ・テテフフィールド下サイコキネシスZ 85%~100% 乱数1発 (6.2%)
これいる?Dに回した36をBに回した方がよさそう。

立ち回りなど

基本選出

先発 オドリドリ ウルガモス
カプ・テテフ ジャラランガ

困ったら先発の2枚を投げて裏にそれなりに相手に刺さっていそうなポケモンを2枚置く。トリル展開、レヒレ、ヒードランなどが見えたらカビゴンを出すなど臨機応変に。
作戦としてはウルガモスマイマイで1体倒しながらドリドリが追い風を押すというのが方針

対雨

先発 カプ・テテフ ジャラランガ
ウルガモス メタグロス

ペリルンパ展開にミズZ以外の選択肢を削るテテフジャラランガ選出をし、初手はマジシャ+ブレビでなんとかする。裏はウルガモスを確定をしもう一体は選択といったところ。よくある雨+トリル展開みたいなやつが見えるならカビゴンを仕込もう。

対無理な構築
次の試合に勝ちましょう。

無理な構築一覧

バンドリ
無理なのでぼくは初手ドリドリガモスを投げて相手が初手でバンドリしてこないことを祈る作戦にしています。バンドリが来たらドリドリが雪崩をかわしましょう。

レヒレガルーラ 無理。
多分ガモスメタグロスから入って、ガモスをテテフに下げつつグロスを動かす?みたいな感じで?きつい

ウルガモスより速いスカーフ岩
主にスカーフゲッコウガが該当。無理なので次の試合に勝ちましょう。

変なところからいわなだれが飛ぶ構築
メガマンダがいわなだれして来て解散した回
メガグロスいわなだれして来て解散した回など。次の試合に勝ちましょう。

改善すべきところなど

ぼくにアイデアを投げっぱなししてくださったptrstさんの改造などを参考にしています。
メガカイロスは強いをよろしくお願いします。

1 カビゴンを普通にする
ドクZを打てることが極めて少ない。(本末転倒)くいしんぼうにして、持ち物をフィラに、ダストシュート→おんがえし、れいとうパンチ→呪い、守る→リサイクル、でどう?

2 カプ・テテフサイコショック採用
レヒレをこっちで見る。瞑想を積まれてもフィールドを奪いながらサイコショックを押せば64%〜76%ほど入るのでレヒレの処理を焦らなくて良いらしい。(ptrst談)ほんとかなぁ

3 メガメタグロスのかみなりパンチの変更
しねん、じだんだあたりか。ただし雨+テッカグヤみたいな構築に対してはかみなりパンチが良い仕事をするので個人的には変えなくても良いのではないかなと思っている。あと、最近までしねんの威力を90と勘違いしていた。

まとめ

ドリドリガモスの並びを見ると、結構な人間がドリドリ守る+ウルガモスちょうのまいを警戒しているイメージを感じました。これにより一手分の優位を稼ぐことができて、この一手でコケコやランドロスなどのドヤ顔で並びを粉砕しにきましたみたいなポケモンを叩き潰すと残りのコマでは対策不能なのでイージーウィン。みたいな試合がそれなりに多く、レート1650くらいまでは割とあっさり登ることができると感じました。そこから上はそもそもドリドリガモスで見ることがきつい並びとかマイマイのケアをした動きがやはり多く、勝てなくはないが運も絡むと思います。(レヒレガルーラで負けだと思ったら相手の切断で勝ちを拾ったのは流石にズル)人生最高レートをこんなパーティで拾ってしまったのは正直ぼくらしいかなと思いますが、弱い構築ではないと思うのでよかったら頭の片隅にでもおいていただけると幸いです。